裏側矯正は名古屋のふしみ矯正歯科 伏見駅徒歩1分

ふしみ矯正歯科

お問い合わせ・ご予約はこちら TEL:052-201-0010

スタッフブログ

衛生士学校の臨床実習が始まります

来週から名古屋医健スポーツ専門学校衛生士科の臨床実習が始まります。御協力よろしくお願い申し上げます。

第17回デジタルコアユーザーミーティングに参加しました

神宮前矯正歯科の斉宮康寛先生を講師にむかえ、i-station(口蓋に2本矯正用アンカースクリューを使用しより複雑な移動が可能なシステム)についての講義をしていただきました。当院も以前はi-stationを使用しておりましたが最近はあまり使用しておらず、あらためて難易度の高いケースにはi-stationは有効であると思いました。

第2回 WIN ユーザーミーティングに参加しました

東京で行われた第2回 WIN ユーザーミーティングに参加いたしました。毎年改善の行われるWINシステムですが今回は抜歯ケースのワイヤーやブラケットにダイアモンドライクコーティングという摩擦を少なくするコーティングを施したものが選択できるよういなりました。

日本舌側矯正学会大会に参加しました

「開咬を極める」とのテーマで日本舌側矯正歯科学会大会が大阪で行われました。難易度の高い開咬合の治療はMFT(口腔筋機能療法)などの歯科衛生士の力も必要なためDH長谷川と参加しました。

第16回デジタルコアユーザーミーティングに参加しました

林 一夫先生によるsuresmile system を利用した舌側矯正臨床の口演が中心でまさにデジタル3D矯正の最新トピックを聞くことができました。

 

日本矯正歯科学会に参加しました

札幌で行われた日本矯正歯科学会に参加しました。

19日にはインプラントアンカースクリューの販売元であるプロシードより、当院の使用が500本を超えたため表彰が行われました。

 

WSLOに参加しました

タイのバンコクで行われたWSLO(世界舌側矯正学会)に参加しました。6/30には3Mのご厚意でチュラロンコーン大学の見学を行いました。矯正学講座の外来や歯科の資料館、審美歯科外来と現在建設中の新外来等を見学しました。タイの矯正治療の状況に触れることができました。上の写真で私の隣に写っている方は歯科矯正学講座の教授です。

EOS(ヨーロッパ矯正歯科学会)に参加いたしました

スイスのレマン湖畔にあるモントルーでおこなわれたEOS(ヨーロッパ矯正歯科学会)に参加いたしました。
テーマである加速矯正に関する発表がいくつかありました。
写真は懇親会でのフランスの舌側矯正の第一人者フィリオン先生とのショットですが、会場の外にはなぜかフレディマーキュリーの大きな銅像がありました。近くにレコーディングスタジオがあったそうです。

第15回デジタルコアユーザーミーティングに参加しました

京都の居波先生のご厚意で診療室の上のセミナールームで行われました。居波先生の診療室は帆船をイメージして作られたとても素敵な診療室です。実は昨年スタッフを連れて見学をさせていただいているので2回目の訪問です。

姫路の田隅先生によるカスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(WIN)による治療の発表がメインでした。私も同矯正装置を約半年間使用した感想に関して発表しました。いままでカスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置の治療法を向上させるため行ってきたコアユーザーミーティングですが、それなりの成果を上げることができ、今後はメンバーのデジタル技術全般に対する見識を向上させることを目的とするためデジタルコアユーザーと名称が変更になりました。

 

トリートメントコーディネーター研修会

主任歯科衛生士の長谷川が2月から計3回行われていたトリートメントコーディネーター研修会(東京)3回目に参加しました。当院に10年以上在籍している彼女なら治療者と患者さんの橋渡し役であるトリートメントコーディネーターとしては最適かと思います。

 

初診相談ご予約はこちらまで

お電話でのご予約・ご相談
TEL:052-201-0010

↑スマートフォンの方は、番号クリックで電話できます。

フォームからのご予約・ご相談
ご予約・ご相談はこちら